Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マイボトル
0

     今年のキャンドルナイトに参加・協力してくださっているお店や団体・企業に、
    ふだんの取り組みについてお聞きしました。
     今年から参加してくださるBrown Books Cafeさんは、「給茶スポットになっています」
    とのこと。持参したマイボトル(水筒、タンブラー)で、ホットコーヒー、または、
    アイスコーヒーのお持ち帰りが出来るそうです。
     使い捨て容器を減らせるだけでなく、本格的な美味しい飲み物が、飲めるというのも
    嬉しいですね。

    Mate1 Mate2









    それで思いだしたのが、アルゼンチンのお湯の自動販売機。アルゼンチンは、マテ茶が有名。
    以前、車に乗せてもらって移動したときも、アルゼンチン人の知人は、魔法瓶とカップ持参。
    移動中も、カップに葉っぱを入れて、お湯を注いだ本格的なマテ茶を作っていました。途中で
    寄ったドライブインには、写真のようなお湯の自動販売機がありましたが、お湯が出る所は、
    魔法瓶が入るような長さなのが印象的でした。

    posted by: | キャンドルナイト・レストラン | 23:50 | comments(0) | - |
    知らない所で・・・
    0

       久しぶりに出会った方とのお話に、喫茶店の名前が出てきました。そこを知っていると
      答えたところ、「どうして?」「キャンドルナイト・レストランに参加して下さっている
      から」と答えた所、「私が、キャンドルナイトを紹介したんだよね。」とのこと。その
      お店は「バードフレンドリーコーヒー」を販売するなど、こだわりのお店。どういうきっ
      かけでキャンドルナイトに参加して下さったのかなあ、と思っていたのですが、その陰に
      は、Uさんの声かけがあったのです。
       知らない所で、いろいろな人のつながりを通して広がっているキャンドルナイト。それ
      が「見えて」、何だか、とても嬉しい気持ちになりました。

      posted by: | キャンドルナイト・レストラン | 21:50 | comments(0) | - |
      たくさんのスローな夜(36)
      0

        BeatsDscf4469s










         キャンドルナイト・レストランとしてご参加くださった系列の6店舗
        (ナッツカフェさん、ナッツカフェナイツさん、ナッツカフェトリップさん
        ナッツカフェドリーミンさん、ファンキートリックカフェさん
        シスタービートさん)の担当の方から、報告をいただきました。

        ☆。☆゜☆。☆゜☆。☆゜☆。☆゜☆。☆゜☆。☆

         
        今回初参加させていただきましたが、好評に終わることができました。
        店内告知(ポスター・フライヤー)・HPが告知されていたためか、キャンドル
        ナイトだから、訪れてみたいと言う方がいらして事前にご予約もありました。
        またボトルワインの注文もいつもより多く、雰囲気を楽しんでいただいている
        感じが伝わりました。

         店舗によっては、日々キャンドルを各テーブルに置いてお食事を楽しんで
        いただいているところもあるので、ふだんと変わりないと思われるお客様も
        いたようです。来年実施する際には、イベントなども予定できたら、普段とは
        違う楽しみ方をしていただけるのではないかと思いました。

         あと、感じたことは「キャンドルナイト」の認知度・関心が意外とあること
        です。「キャンドルナイトやっているんですね」というようなお客様からの
        声があったり、お帰りの際にお土産としてキャンドルをお渡ししたら大変喜ん
        でくださったりと、知らない方にも「キャンドルナイト」をお伝えすることが
        できたと思います。

         開催した日にちが週末でしたので、既に宴会など大人数でのご予約が入って
        いたので充分に「キャンドルナイト・レストラン」というイベントを盛り上げ
        ることができない店舗もありましたが、来年さらに力を入れて弊社スタッフ
        1人1人や沢山のお客様にこのイベントの意味を伝え、環境に対しての考え方
        を少しでも変えていただけたらと思います。

        posted by: | キャンドルナイト・レストラン | 08:00 | comments(0) | - |